プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ
ホームページに必要なもの

ホームページをWEB上に表示するために必要なものとして、サーバーとドメインがあります。

サーバーとは

レンタルサーバーとは、インターネットに常時接続の全部または一部のディスクスペースを貸し出し、そのサーバーの運用や、メンテナンスなどのサーバー環境を提供してくれるサービス(ホスティングとも言います)です。

サイトを公開するためには、インターネットに接続されたサーバーに、公開するHTMLデータなどのデータを転送して、はじめてネットを通じて世界中の人に情報を発信することができます。

この重要なホームページのデータを置くスペースの貸し出しをしているのがレンタルサーバー(ホスティング)です。

しかも、最近のレンタルサーバー業者は、サーバーの容量を貸し出すだけでなく、独自ドメインの運用、複数のメールアドレス、CGIを用いた掲示板の提供など付加サービスを提供している業者も多くなってきました。

もちろん、プロバイダーでもメールアドレスやホームページスペースを利用することはできるのですが、ホームスペースの容量が少なかったり、商用利用ができなかったりなどと色々な制限があります。

さらに、ほとんどのところでは独自のドメインを利用することはできません。

特に、この独自ドメインを取得できないのが一番大きいのです

ドメインとは

ドメインとは、一般的に「www.」の次から最初のスラッシュ(/)までの間の文字列で、インターネットの住所のことです。

当サイトのURLは「http://www.r-a-c.co.jp/」ですが、この場合のドメインは「r-a-c.co.jp」の部分になります。

つまり、独自ドメインとは、「世界に1つだけしかない自分のサイトのURLとして持つことができる」ということなのです。

これを取得してしまえば、同じドメインで一生使えることも可能となり、プロバイダーやレンタルサーバーを乗り換えても、URLを変えなく済みます。

例えば、無料のサーバーやプロバイダから提供されているホームページスペースを使っていて、そのサービスが突然停止など、何らかの理由でサーバーを移転せざるを得ない状況になったりすると、URLを変更しなくてはいけません。

そうなると、今まで登録した検索エンジンや相互リンクしていただいているサイトにURLの変更をお願いしなくてはならなくなります。

これは、物凄い大変な作業になります。

それから、せっかく増やしてきたアクセス数も、URLが変わることで、訪問者の数が大幅に減ってしまいます。

ですから、同じアドレスをずっと利用できる独自ドメインは取得すべきなのです。

また、好きな独自ドメインを利用できるので、URLを覚えやすいようにしたり、会社名や商品名をそのままにしたりすることも可能になります。

さらに、独自ドメインを取得することで、サイトの信頼性が上がる、つまり、このサイトはお金をかけて本気で運営しているんだと認識されます。

プロバイダーのサーバースペースを借りてホームページを開設している場合、そのプロバイダーのドメイン名が必ずURLに含まれてしまうので、どうしてもアドレスが長くなってしまします。

また、途中でURLを変えとなると大変な労力がかかります。

以上のことから、本格的にサイト運用する場合、独自ドメインを取得するメリットが大きいのです。

お見積もり・お申し込み・お問い合わせ
ホームページの作成方法ホームページに必要なもの