プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ
ホームページ作成の方法

ホームページを作りたい…そのためにはインターネットでホームページを公開するには、まずページを作らなければなりません。

作る方法としては、『自分でホームページを作成する』・『知り合いに頼む』・『業者に頼む』といった方法があります。
それぞれのメリット・デメリットの説明をしたいと思います。

ご自身で行う

最近では、いろいろなホームページ作成のソフトがあります。

また、インターネットを見るために加入したプロバイダなどにも簡単にホームページを公開するサービスが提供されているところもあります。

書籍や、インターネット上で検索することで、比較的容易にキレイなホームページを公開できるようになりました。

趣味で個人的なホームページを公開するにはこれで十分です。

しかし、企業のホームページということになると勝手が違ってきます。

企業をPRする、商品を売る、問合せをしてもらう…など、様々な仕組みをホームページに盛り込まねばなりません。

また、SEOと呼ばれるYahoo!やGoogleで検索したときにホームページを見てもらいやすくするには、専門的な知識とそれを扱う技術を要します。

ホームページを商用利用するのであれば、個人で作成するのはあまりおすすめしません。

知り合いに頼む

知り合いに頼むという手段もよく聞く手段に一つです。

お友達価格で制作をしてもらえ、費用的にも安く済み、なおかつ、ある程度の知識を持っている人が製作しているので個人で制作するよりも、効果は出やすいといえます。

ここでひとつ問題があります。

ホームページとそれを取り巻くインターネット環境がつねに変化し続けているということです。

昨日まで無かった同業他社のホームページが今日になって突然公開されたり、検索の仕組みが変わるたびに、検索結果の表示順位があがったり下がったり。

知り合いに個人的に頼んだ場合、最初に作ってもらうのはいいけれど、毎週、毎月更新をお願いするのは気が引けるものです。

こうなってしまってはなかなか思うように更新できず、ホームページの成長も止まってしまいます。

業者に頼む

最後は業者に頼むという手段です。

突然ですが、ホームページ制作会社に必要な能力とはなんでしょうか?

もちろんおしゃれでかっこいいお客様のイメージ通りのデザインを起こす制作能力も重要です。

また、誤作動などを起こすことのない洗練されたプログラミング能力も必要です。

ですが、これらの要素はお金をいただいて制作するホームページ制作のプロである以上、必要最低限の要素です。
しかし、これらの制作能力を前提として、ホームページ制作に本当に必要なのはホームページを成功させる力であり、制作後はもちろん制作までの間も本当の意味でお客様にホームページを作ってよかったと思っていただける能力です。

お見積もり・お申し込み・お問い合わせ
ホームページ作成の方法業者選びの注意点ホームページに必要なもの 迷惑メール、ウィルス、個人情報